通販物流専門 低価格・発送代行のロジデザイン

ロジデザインブログ

伝説のスピーチから学ぶこと

2011.12.19 11:32

ツꀀアップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が死去した。シリコンバレーのガレージで創業しアップル社を世界的な大企業に成長させ、iPhoneなどの、モバイルコンピューティングの革新を主導してきたパイオニアが逝った。輝かしい才能、情熱、そしてエネルギーは、世界中の人々に感動を与え、無数のイノベーションから生まれたものの価値は計り知れない。そしてその志を受け継いでいくことが残された時代における我々の使命なのかもしれない。 

2005年米国スタンフォード大学の卒業式でスティーブ・ジョブス氏が行ったスピーチから3つの人生における大切なことをここに記させて頂きます。

一番目は、「点をつなぐこと」ということ。ここでいうとは「直感」でありその人の「考え」そのものと捉える。先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じることが大切です。今は形にならなくてもいい自分の信念を信じてやり続ければ必ず成果に結びつくということであります。そして彼は「この手法が私を裏切ったことは一度もなく、人生に大きな違いをもたらした。」とも言っている。

二番目は、「大切なものとそれを失うということ」です。彼は30歳の時に自らが創業したアップル社を失業した。追放されたのである。自分の大切なものを失い失望の中にいた。しかし彼はその仕事がたまらなく好きでそんな自分を信じて、新たな一歩を踏み出した。そのおかげで、Pixarというトイストーリで有名なアニメーション制作会社と、Nextという現在アップル社の技術の中核の担う会社を創業した。彼は言う。「私がアップルを首にならなかったら、これらのことは起こらなかった。信じることを止めてはいけない。私は自分がしていることがたまらなく好きだ。それが私を動かし続けている唯一のものだと堅く信じている。たまらなく好きなことを見つけなければならない。そしてそれは仕事についても愛する人についても真実だ。仕事は人生の大きな部分を占めることになり、真に満足を得る唯一の方法は偉大な仕事だと信じることだ。そして偉大な仕事をする唯一の方法は自分がしていることをたまらなく好きになることだ。まだ見つけていないなら探し続けなさい。それを見つければ分かる。それは年を経るにつれてどんどん良くなっていく。だから見つかるまで探し続けなさい。妥協は禁物だ。」と…。

三番目は、「死」についてです。「死を望む者はいない。天国へ行くことを望む人でさえも死にたいとは思わない。それでも死は我々すべてが共有する運命だ。それを免れた者はいない。そしてそうあるべきなのだ。なぜなら死はほぼ間違いなく生命による最高の発明だからだ。死は生命に変化をもたらす主体だ。古き物を消し去り新しき物に道を確保する。時間は限られているからこそ他の人の人生を生きることで時間を無駄にしてはいけない。他の人の意見という雑音に自分自身の内なる声をかき消されないようにしよう。そして最も重要なことは、自分の直感に従う勇気を持つことだ。直感は本当になりたい自分を既に知っている。その他すべてのことは二の次だ。」

そして最後に、新たに人生を歩み始める人々にこう語った。「ハングリーであり続けろ!馬鹿であれ!

この言葉には「他人の目を気にするな!自分を信じろ!諦めるな!自分をさらけ出せ!今ある仕事をたまらなく好きになれ!」という想いが込められていると私なりに解釈して、今ある仕事感謝楽しむことに全力であり続けたい。

ページのトップヘ