通販物流専門 低価格・発送代行のロジデザイン

ロジデザインブログ

「作り手」から「使い手」までを考える

2012.01.26 12:50|Permalink

物流という位置づけを考える。

我々の、ロジスティクスという立場はどこにあるのだろうか?

お客様とお客様の中間地点と考えがちだが・・・・。

実は本当にそうだろうか?

では、視点を変えてみよう。

我々は、何が出来るのだろうか?という視点で考えると

本当に中間の一部分だけしか出来ないのだろうか?

責任は「作り手」から「使い手」まであるのが本来である。

であれば。

「作り手」から「使い手」までを真剣に考えることが、我々に

できる!事業領域かと思うのである。

その視点から考えるビジョンこそが我々の使命と考える。

そして・・・。その考え方が海を渡ると更にビジョンが拡がる!

なんだか・・・。わくわくしてきたぞ!!!

 

 

ラッピングのご依頼

2012.01.25 21:07|Permalink

お客様より、ラッピングのご依頼を頂きました!

バレンタイン向けの商品で、数万個単位でのご依頼です。画像はほんの一部ですが、とっても素敵に仕上がりました!

かわいいラッピングから、シックな物まで、こんなチョコレートをプレゼントされたら・・・、貰った方はきっと喜んでもらえると思います。最近では友チョコもメジャーになってきているので、男性だけでなく、女性ももらって嬉しいように、リボンもちょっと大き目を選んだり、カラフルな色合いにしたり・・・。プレゼントはやっぱり貰って嬉しくなきゃ!

みんなに感動してもらえるように、一生懸命作ったお客様の商品に、LOGI-DESIGNの気持ちを少しプラスして、お届けしたいと思います!

 

 

 

 

 

マッチング

2012.01.24 20:23|Permalink

今日はお客様同士のマッチングに行ってきました!

マッチングって何!?ともうしますと、お互いにニーズの合う企業様同士をご紹介して、メリットを出していただくということです。

今回はあるメーカー様に、あるネット販売サイトのお客様を、ご紹介しました。非常にお二方とも喜んでいただいて、楽しい時間を過ごせました。

LOGI-DESIGN(㈱物研)には、日々色んなお客様のご希望が寄せられます。運送コストが高くて困っているから何とかならないか・・・、人材が育たないのだが中の物流を請け負ってくれないか・・・、通関業務で困っているがどこか紹介してくれないか・・・、商品の販売をしてくれないか・・・と内容は様々です。

その中で、今日のマッチングは、お客様のお困りごとを解決する「困ったときの物研さん」と、通販物流専門の「かゆいところに手が届くLOGI-DESIGN」の合わせ技でした!お客様の繁栄が、私たちの喜びでもあります!お客様も、私たちも笑顔いっぱいの、とっても嬉しい一日でした!

照度という環境改善

2012.01.24 20:11|Permalink

貿易用語でシッピングマークという言葉がある。

貨物の梱包カートンに記載されているもので、荷主又は荷受人を表す

マーク。仕向地などの番号が記載されていて、書類と貨物を一致させる

手がかりのようなものである。

仕向地が多くなると記号のような似たようなものが混在してしまう。

そこで、現場で仕向地毎にシッピングマークを色分けして、誰でも一目で

解るようにこの梱包貨物にはこの色のマークを添付する!という視覚での

ミスを無くすような改善を行い実施した・・・・。

しかし・・・。 実は現場では照度が足りない為に事務所でははっきりした

色分けが・・・。現場でははっきりしていない! という事に気づき!

「作業場の照度」というものに改善の焦点が向けられた。

調べてみると・・・。 

労働安全衛生規則604条(照度) というものがあった

 【作業照度基準】

検査、試験、事務所などの場所     (精密な作業)=150~300lx

ピッキング、梱包などの場所(現場で文字を読む作業)=70~150lx

荷物の積み下ろし等の場所        (粗な作業)=30~70lx

という基準があった!!

なんとなくそのような基準があることは知っていたが・・・。

倉庫作業=30~70lxレベルを意識していたが、ピッキング作業は70~150lxレベル

で行うことということのレベルの認識を間違っていた。

早速のそのレベルで作業をしてみると、今までの現場とは世界が違って見えた!

なるほど!ここの環境ならばまた違った改善レベルが出来るのではと思った。

なによりも働くスタッフのストレスが解消するのではと強く思った。

労働安全衛生規則!なるほど!納得!!である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッピングコーディネーター

2012.01.23 18:17|Permalink

21・22日の二日間で、ラッピングコーディネーターの講習と試験を受けてきました!見事合格!会場には他クラスの人も含め、約80人ほどの受講生が集まっていました!

私の受講した、集中認定クラスは約40人!普段お仕事でラッピングをしている方や、ラッピングが趣味の方、ラッピング教室に通われてて、講師になりたいと勉強されている方など、たくさんの方が集まっていました。

今回、講習でたくさんの事を教えていただきましたが、印象的だったのは、「ラッピングは心の媒体です」という一文でした。

私たちも普段、バレンタインのラッピングや、お誕生日のラッピングのご依頼を頂きますが、その商品を貰う人のことを考えてより綺麗にしようと努力していましたが、プレゼントを贈る人の気持ちをもっと商品ににプラスして、お贈りできるよう、勉強しなくてはならないな・・・と、改めて感じました。

LOGI-DESIGNはこれからも、贈る側・贈られる側の気持ちを込めて、ラッピングをしていきます!そして魅せるラッピングをご提案していきます!

ツꀀ

ツꀀ← 試験で包みました!

  これからレベルUPさせていきます!

 

 

「孫子の兵法」から学ぶ

2012.01.23 12:36|Permalink

経営戦略のルーツともいえるのが「孫子の兵法」であります。

むかし、むかし、の約2500年前に中国で書かれた書物です。

ツꀀ「孫子の兵法」には多くの戦略、戦術が書かれておりますが

あえて抜粋するのであればこの2つの言葉になるのではないで

しょうか?

「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」

競争状態になれば勝者であっても多少の傷は負います

中小企業にとってその多少の傷は致命傷になり得ます。

だからこそ、他者には無い圧倒的な競争優位性を創り上げて

「戦わずして勝つ」ことこそが中小企業の差別化戦略となります。

もうひとつは・・・。

「彼を知り己を知れば、百戦危うからず」

この言葉は分析のことを言います。

彼=「競合」 「顧客」  己=「自社」 となり

いわゆる3C分析の基本を述べております。 ポートフォリオやSWOT分析等も

この言葉にあてはまるのではないでしょうか?

今もなお、ビジネスに影響を与え続けている 孫子のお言葉から経営を見直して

見ることも必要となるのではないでしょうか?

 

 

 

bukken Spirits Book

2012.01.17 20:11|Permalink

2012年度版 

“ bukken Spirits Book ”

ができました。

 

 

 

 

会社の理念体型や年度方針

5S活動、接遇、業界知識など

の「物研の精神」がここにある。

全社員で共有しよう!

 

 

 

不易流行な現場を創る

2012.01.17 17:34|Permalink

不易とは、永遠に変わらないもの、変えてはいけないものをいう

したがって、会社で言う「経営理念」といえる。

流行というものは、単に はやり という事ではなく、世界状況の変化に

応じた対応。 外部環境の流れの変化といえる。だからこそ変えなければ

いけないものとなる。 現在の世界を取り巻く環境は大きく変化している

ましてや、予期せぬ災害にも突然と襲われることもある。

中小企業にとっては、まだまだ我慢の時代が続くであろう。

だからこそ、経営理念に基づいた、変化対応能力を磨くこそが重要と考える。

基本に基づき強固たる強みの確立と、臨機応変な柔軟な現場を創造する

ことが、求められる。 よく考え!よく動く!現場を創造しよう!

 

 

 

 

 

2012年度事業方針 

2012.01.10 09:28|Permalink

皆さんあけましておめでとうございます。

本年度の事業方針が策定されましたのでここに報告させて頂きます。

2012年度事業方針  【 創造 】

我々の最大の強みは“あきらめない現場対応”にあります。お客様のニーズ

はさまざまであります。しかしそこにはまだまだ潜在的なニーズが沢山隠させ

ております。我々だからこそ成し得ることのできる本当の流通支援があります。

それは決して大がかりなことばかりではありません、細かな努力と創意工夫

で成し得ることもあります。スタッフひとりひとりが考えて考え抜いて創りだし

強みであるあきらめない現場をもって、品質にこだわりお客様の感動を創りだし

現場を創造しよう。

 今年はインターネット通販物流という新たなマーケットへも挑戦していきます。

今まで培った物流現場のノウハウを更に高めてBtoBtoCの確立とロジデザイン

事業を新たな収益の柱とすることを方針とさせて頂きます。

「 Think Small Logistics 」 を合言葉に全社一丸となって、品質にこだわり

お客様の感動創造に邁進していくことが、我々に課せられた使命と考えます。

ツꀀ    ツꀀThink Small Logistics

~創意工夫もってお客様の感動を創りだす~

  顧客の創造 品質の創造 感動の創造

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

2012.01.01 12:26|Permalink

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

我々、ロジ・デザイン事業部はインターネット通販サイト運営者様のお困りごとに

応えるべき、誠心誠意、より一層の努力をしていく所存でございます。

今年は更に、多くのお客様に出逢えることを心より楽しみにしております。

通販物流のお困りごとはお気軽にご相談くださいませ。

皆さまにとってもより良い一年でありますことを心よりお祈りいたします。

   株式会社 物  研 

   通販物流事業部  ロジ・デザイン  従業員一同

 

 

 

ページのトップヘ