通販物流専門 低価格・発送代行のロジデザイン

ロジデザインブログ

今さら聴けない。「カートシステム」って?

2021.07.13 14:41|Permalink

ECサイトの運営において、カートシステムの選定は重要な項目と言えます。これからECサイトをスタートさせる方やカートシステムを乗り換える方に、カートシステムの特徴などを紹介していきます。

【目次】

1・カートシステムとは?

2・カートシステムの種類

3・カートシステム選定のポイント

4・まとめ

 

 


 

      

1・カートシステムとは?

カートシステムとはオンライン上で商品を商品を販売する為の仕組み。

商品を選んで入れていくところ。カートに入れた商品を購入する。という機能があります。楽天やアマゾン等のモールに出店数場合は、自社独自でカートを持つ必要が無く、各モールに専用のカートシステムが用意されています。しかし、自社サイトの場合は、当然ながら独自でカートシステムを用意しなければなりません。

 

RMS(店舗運営システム)Rakuten Merchant Server  RMSとは楽天市場に出店している方と楽天市場でお買い物する方々とをつなげる楽天市場専用のカートシステムです。円滑な店舗運営やユーザーとの接点づくりに不可欠なシステムであり、店舗構築や受注管理、データ分析などの機能が使える、楽天出店には無くてはならないシステムです。

 

amazon seller central (アマゾンセラーセントラル)

アマゾンに出店されている方が使用するカートシステムです。楽天と同様にアマゾン専用のカートシステムであり、商品登録から在庫管理、注文管理、レポートなどの幅広い機能が使用できます。

上記は大手モールのカートシステムで出店者は基本的な機能については無料で使用することが出来ます。逆にいえば、出店者には選択の余地はありません。

1・カートシステムとは?

2・カートシステムの種類

3・カートシステム選定のポイント

4・まとめ

 


 

        

2・カートシステムの種類

カートシステムはその特徴によって4つの種類に分けられます。

① ASP型 

② オープンソース型

③ パッケージクラウド型

④ スクラッチ型

      

■ ASP型

ASP型は、クラウド型とも呼ばれ、サーバーやアプリケーションをレンタルして利用するというタイプです。メリットは安い料金での導入が可能で、導入後もメンテナンス費用を抑えられるという点が挙げられます。一方、デメリットは提供された機能をそのまま使うという形式なので、カスタマイズの自由度が低いという点にあります。

近年はASP型でありながら、自由にカスタマイズが可能なカートシステムも登場してきています。

    

■ オープンソース型

オープンソース型は、オンラインで公開されている無料のソフトウェアをサーバーに組み入れて利用するというタイプです。メリットは無料で導入できるとあって、開発コストを抑えることができ、自由にコーディングして自由にカスタマイズができるという点になります。一方、デメリットはカスタマイズが自由にできるからこそ、バグなどが発生した場合には、事業者側が責任をもって対処しなければならないという点にあります。

事業者側にカスタマイズが出来る人材がいるところは、自由度が大きなメリットになります。

    

■ パッケージクラウド型

パッケージクラウド型は、最低限の機能があるパッケージソフトを購入し、それを自社でカスタマイズした上でカートシステムを構築するというタイプです。メリットはデザインや機能など、希望するように自由にカスタマイズできるの点です。一方、デメリットはシステムの完成までにかなり時間や労力がかかるという点です。

     

■ スクラッチ型

スクラッチ型は、カートシステムも含めてWebページの構成やバックヤードの商品登録なども、すべて完全オリジナルで開発するタイプです。メリットは自由度げ無限大にあり、他社と類似しない独自性のあるEC(D2C)サイトを構築できる点です。一方、要件定義やシステム開発、テスト、運用保守、改善まですべてを自社で行う必要があり、かなり大きなコストを必要とするというデメリットもあります。

一般的には資金力の強い大手企業にしか採用できない方法です。

どのタイプのカートシステムが良いのかは、自社サイトの将来性やお客様とのやり取りをイメージして選択することです。段階的にカートシステムのメリットにあった使用を心掛けることが重要です。

1・カートシステムとは?

3・カートシステム選定のポイント

4・まとめ


 

      

3・カートシステム選定のポイント

カートシステムを選ぶポイントは前述のようにしっかりと自社サイトの将来性を見据えた点にあります。その上で、自社の現時点の社内リソースに照らし合わせた選定になります。

■ 社内リソース

社内でカートシステムを管理するスタッフのレベルによって、選ぶカートシステムは変わってきます。カートシステムの管理・運営経験があり、ある程度自走できるスタッフであれば、最低限の装備が整ったカートシステムで十分ですが、初めてカートシステムを導入する場合は、多少費用が高くついたとしても、サポートが充実してるシステムの導入をおすすめします。他の業務と兼任しており、そこまでリソースに余裕がない場合は、カートシステムの管理・運営に手間がかからないシステムの導入を検討するべきでしょう。サポート体制がしっかりしているカートシステムであればそこからノウハウを吸収できることもあります。

■ 自社のビジネスモデル

自社がBtoBなのかBtoCなのか、によって、カートシステムに求める機能は変わってきます。基本的に現行のEC(D2C)サイトで多く利用されているのは、BtoCの業態を前提として作られたシステムです。そのため、BtoB業態の記号がコストを抑えたいからといったような理由でASP型を選ぶと、必要な機能を有しておらず、非効率な運用になったり、運用開始後にシステム改修をしなければならなかったりと、無駄が発生する可能性があります。特にBtoBのEC(D2C)サイト運用においては、掛け売りやボリュームディスカウントなど、対個人商売では求められないBtoBならではの機能が必要になることも多いのが特徴です。

業態に適していないシステムを選ぶことは、その後のリカバリーという無駄なコストが発生することになります。

自社の事業規模によっても選ぶカートシステムは異なってきます。自社の事業規模に合ったカートシステムが分からない場合は、カートシステムの担当者に導入している会社の規模感を聞いてみるのも良いでしょう。

■ 決済方法

近年は決済方法が多様化しております。ECサイトにおいても、銀行振込や代金引換はもちろん、クレジットカード、ペイパル、各種ペイ(Amazonペイ、メルペイ、楽天ペイ、PayPayなど)様々な方法での決済が可能です。しかし、カートシステムが古い場合、最新の決済方法には対応していないという可能性があります。クレジットカードも、ブランドによって利用の可否が異なるでしょう。自社の採用したい決済方法が利用可能か否かも、しっかりと確認する必要があります。

近年において決済方法は進化し続けております。正直いって現時点では、各種ペイメントサービスプロバイダーの迷走時期だと考えます。何が無くなり、何が出てくるのか?予測できない部分はあります。ある程度は、後の対応も致し方ない部分にもなります。

■ オプション機能

消費者としては、購入したいアイテムを選定した上で、サイズや色などの詳細なオプションを指定するという形の方が便利なのは間違いありません。自社の販売したい商品の属性によって、オプション指定の必要性などは大きく異なります。

その他にも、従来のシステムにはない、自社独自のシステムを開発したい場合などは、パッケージクラウド型など自由にカスタマイズできるタイプを選択する必要があります。

 

種類別 おすすめカートシステム

■ ASP型 

 ・Makeshop    MakeShop【公式】

 ・カラーミーショップ カラーミーショップ | 【公式】

 ・BASE       BASE (ベイス) 

 

■ オープンソース型

 ・EC-CUBE  ECオープンプラットフォームEC-CUBE

 ・Live Commerce   越境ECをはじめるならLive Commerce ™

 

■ パッケージクラウド型

 ・Shopify | ShopifyでECサイトを構築しよう

 ・Ecbeing  【公式】ecbeing|

 

1・カートシステムとは?

2・カートシステムの種類

4・まとめ

 


 

       

4・まとめ

ECサイトは、顧客と企業が出会って交流する重要な「場(チャネル)」の1つですが、その重要な「場」をつくるのがカートシステムといえるでしょう。どのような顧客に対してどんな商材を提供するのか、ECサイトを通じて顧客にどういった「おもてなし」をしたいのか…など、自社のEC戦略を明確にしたうえで、戦略を実現できるカートシステムを選択しましょう。

 

カートシステムに詳しいスタッフがいる物流会社 ↓ 

 

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

 

 

 

 

CSVファイルって??エクセルとの違いを簡単解説!

2021.07.08 08:00|Permalink

        

 

私たち物流会社にネットショップ様がオーダーを投げる際、一般的に使用されるのが

「CSVファイル」です。

データのやりとりを行うときは、度々このCSVファイルというものが出てきます。

ただ、普段あまりPCの得意で無い方、WEB検索やサイト運営しか使用しないという方は、

そもそもCSVファイルってなんだ??と感じられている方も多いかもしれません。

ましてや開いてみると、見た目がエクセルとほぼ同じ?!と思われる方も

多いことでしょう・・・。今回はそのCSVファイルを簡単にご説明したいと思います。

 

目次

1.CSVとは

2.CSVとエクセルは違う

 A.「メモ帳」でCSVファイルを開く

 B.エクセルとCSVファイルが関連付けられている場合

 C.安全にエクセルで開きたい場合

3.CSVファイルを開いたときに起きる問題と対処法

4.CSV編集エディターソフト

 

          最高のイラスト画像: これまでで最高のExcel アイコン フリー

1.CSVとは

“Comma-Separated Values”(コンマ・セパレーテッド・バリューズ)

頭文字を取って、CSV(シーエスブイ)と呼びます。

カンマ(,)区切りで並べた値のファイルと言う意味です。

 

 

2.CSVとエクセルは違う

CSVは文字がカンマで区切られているシンプルなデータファイルです。

エクセルをインストールしたパソコンのCSVファイルの画像

こんなエクセルファイルのマークが付いたアイコンですが、

ファイル自体ががエクセルであるわけじゃなく、CSVファイルがエクセルと

関連付けられているので、このように表示されます。

PCの設定によっては、違う形のアイコンで表示されることもあります。

 

ここで、CSVファイルを開く方法を紹介します。

 

A.「メモ帳」でCSVファイルを開く

①対象のCSVをダブルクリック

       ↓

②「ファイルを開く方法を選んでください」の中から「メモ帳」を選択

       ↓

③「OK」をclick

 

するとメモ帳でCSVファイルを開くことができます。

ソース画像を表示

見た目はこんな感じです。それぞれの値がカンマで区切られています。

 

B.エクセルとCSVファイルが関連付けられている場合

多くはこのパターンだと思います。

至って簡単、CSVファイルをダブルクリックすると、開くことができます。

但し、開くと一つ目のセルに全てのデータが表示されており、

セルごとに分かれていない状態です。

CSVファイルとは?

時には文字化けしている場合もあります。

なので、エクセルを使って開く際は、C.と同様の方法が良いでしょう。

 

C.安全にエクセルで開きたい場合

CSVファイルのアイコン画像

エクセルに関連付けされていない状態のアイコンは、こんな真っ白な感じです。

このままだと、ダブルクリックしても開くことが出来ません。

では、どうするのか・・・

 

まずはエクセルを起動しましょう。

EXCELを開いた画面の画像

 

画像赤枠の部分の「データ」をクリック

 

EXCELの外部データの取り込みを選択した画像

 

更に赤枠の「外部データの取り込み」をクリックします。

 

テキストファイルのメニューを選択したEXCELの画像

 

「テキストファイル」を選択しクリック

 

CSVファイルを選択する画像

 

開きたいCSVファイルを選択して「インポート」をクリック

 

テキスロファイルウィザードの画面

 

「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックし

「次へ」をクリック

 

テキストファイルウィザードの画面

 

「タブ」にレ点チェック。「次へ」をクリック。

 

テキストファイルウィザードでカンマを選択した画面

 

「カンマ」にレ点チェック。「次へ」をクリック。して「完了」

 

データの取り込みの画面

 

データ取り取り込みで「OK」をクリック。

 

CSVファイルをEXCElで開いた時の画面の画像

こんな感じで開きます。

3.CSVファイルを開いたときに起きる問題と対処法

問題①

CSVファイルは、エクセルで開いている時に、簡単に編集できます。

・文字を太くする

・文字に色を付ける

・エクセルの枠線を付ける

・計算式を入れる

・フォント調整する

しかし、いざ保存するときにCSVのままだと編集は保存することが出来ません。

CSVファイルをエクセルで編集したら、エクセルファイルとして保存しましょう。

 

CSVファイルをエクセルでEXCELファイルとして保存する方法の画面

 

「名前を付けて保存」画面で、ファイルの種類をエクセルに変更して保存します。

 

問題②

CSVフィルは、Excelと関連されており、通常のファイルと変わらない形でExcelで見ることができます。

しかし、特定のCSVファイルにおいては、文字化けしてしまう場合があります。

 

ソース画像を表示

 

例えば、バーコードなど桁数が多い数字のみのデータで起きる現象で「指数表記」と呼ばれています。

エクセル上ではそのままで問題ありませんが、そのままCSVデータとして保存すると、

元の数値ではなく、「2.00E+11」といった表示数値のまま保存されてしまいます。

このままCSVインポートを行うと、誤ったデータを登録してしまうので、

正しい表示形式に変更してから保存しましょう。

問題③

ダウンロードしたCSVファイルを開くと、お客様電話番号の先頭の”0”が消えていませんか?

送り状発行に必要な情報なので、先頭の”0”は消えないでほしいですよね。この先頭の”0”が消えることは「0落ち」と呼ばれています。

 

 

なぜ「0落ち」するのかというと、CSVファイルをMicrosoft Excelで開くと「標準」という表示形式で表示されることで起こります。

解決策としては、セルの表示形式を「文字列」に設定してから、CSVファイルをExcelで開く。

もしくはGoogleスプレッドシートを利用して開くと「0落ち」を防ぐことができます。

 

4.CSV編集エディターソフト

CSVデータを編集することに特化したビューア/エディターソフトです。

CSVデータはテキストエディターや Excel などで編集することができますが、より便利に機能的に編集することができるようになります。

 

CSVイディー・・・行&列の固定表示、セルの着色、検索、置換、フィルタなどの機能を利用できるCSVエディター

ダウンロード

 

Cassava Editor・・・マクロ機能を備えた CSV / TSV / TXT に対応したCSVエディター

ダウンロード

 

CSVファイルは、EC運営上でも、EC物流でも欠かせないデータです。

業務効率化は、顧客満足を生み出す第一歩です!そしてその一歩が、売上をアップします!

知識を付けて、日々の業務に余裕が出るよう、仕組みでカバーしましょう!

システム回りも含めて、物流アウトソーシングのご提案をさせていただきます。

合わせてご相談ください。

 

倉庫見学も承っております!

アウトソーシングか、社内物流か、お困りの方は是非お越しください。

 

 

 

 

 

食品ロス問題を知る

2021.07.07 10:55|Permalink

食品ロス問題とは? どのような問題なのか? この問題は我々生活者にとってとても関わりの深い問題であるという事を知りましょう。

世界では、飢餓による問題が深刻になっています。貧困や紛争など様々な要因で食糧が得られず、栄養不良などを起こしている人がたくさんいます。その一方で日本を含む先進国では毎年多くの食糧が生産されていますが、すべて消費されるわけではなく、余ったものは廃棄されることが多いのです。過剰に生産され余ってしまった食糧が廃棄される「食品ロス(フードロス)」が起きています。社会的問題である、食品ロスとは何か? 少し触れて行きましょう。

 

1・食品ロス(フードロス)とは?

2・食品ロスの現状

3・食品ロスが発生する原因

4・食品ロスを削減する取り組み事例

5・まとめ

 


 

     

1・食品ロス(フードロス)とは?

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。

日本では、年間2,531万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は600万トン、これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(2019年で年間約420万トン)の1.4倍に相当します。

2・食品ロスの現状

3・食品ロスが発生する原因

4・食品ロスを削減する取り組み事例

5・まとめ


 

        

2・食品ロスの現状

食べ残しや売れ残りがどさまざまな理由で、まだ食べられる食品であるのに、どれぐらい廃棄されているのでしょうか? 食品ロスの現状を把握しましょう。

FAO(国際連合食糧農業機関)の報告書によると、世界では食料生産量の3分の1に当たる約13億トンの食料が毎年廃棄されています。

日本でも1年間に約612万トン(2017年度推計値)もの食料が捨てられており、これは東京ドーム5杯分とほぼ同じ量。日本人1人当たり、お茶碗1杯分のごはんの量が毎日捨てられている計算になります。

・CO2排出問題により環境問題にも発展する。

余った食べ物は、加工業者や流通業者、飲食店、家庭などからごみとして出されます。これらは処理工場に運ばれ、可燃ごみとして処分されますが、水分を含む食品は、運搬や焼却の際に二酸化炭素(CO2)を排出。また、焼却後の灰の埋め立ても環境負荷につながります。

・人口増による貧困の増加

世界の人口は2019年時点で約77億人ですが、2050年には今より20億人も増えて約97億人にのぼるとみられています(国連による世界人口推計2019年版)。食品ロスに関して何も手を打たず、今のままの状況が続けば、人口増加に伴って栄養不足で苦しむ人がますます増え、貧困に拍車がかかることになります。

・SDGs 日本の食品ロス削減目標

日本では事業系食品ロスを、2030年度までに2000年度比で半減するとの目標を立てています。同様に家庭系食品ロスについても2030年度までに半減させる目標を設定しています。

                                                                                                                           出典/農林水産省

1・食品ロス(フードロス)とは?

3・食品ロスが発生する原因

4・食品ロスを削減する取り組み事例

5・まとめ              

       

 


       

3・食品ロスが発生する原因

日本の食品ロスの原因は主に二つあります。一つは、事業者から出るロス。二つ目は、家庭から出るロスです。この二つの原因の両方から削減する必要性が有ります。

① 事業系食品ロス(328万トン)

小売店などでの売れ残りや返品、飲食店での食べ残し、売り物にならない規格外品といった食品ロス

② 家庭系食品ロス(284万トン)

家庭での料理の作り過ぎによる食べ残しや、使わずに捨ててしまうことや料理を作る時の皮のむき過ぎなどの食品ロス

 

発展途上国でも、先進国と同様に食品ロスが発生しています。ただし、理由は異なり、せっかく食べ物を作っても技術不足で収穫ができない、流通環境や保存設備、加工施設などインフラが整っていないため、市場に出回る前に腐ってしまうなどの理由からやむをえず捨ててしまう事が多いのです。

1・食品ロス(フードロス)とは?

2・食品ロスの現状

4・食品ロスを削減する取り組み事例

5・まとめ


 

      

4・食品ロスを削減する取り組み事例

・食パンの耳はラスクとして生まれ変わる

ランチパックの製造過程で発生するカットされた食パンの耳は、100パーセント有効利用されています。食品の原料として利用することを第一に取り組み、グループの製菓会社である(株)末広製菓では「ちょいパクラスク」として生まれ変わります。また、委託先のパン粉メーカーで業務用のパン粉として製品化。そのパン粉は山崎製パン(株)の総菜パンの具材であるメンチカツのつなぎとしても利用されています。さらに、その他には、豚や鶏の飼料原料として活用。このように、ランチパックを製造する過程で副産される食パンの耳は、無駄なく有効利用されています。

ヤマザキパン 山崎製パン オフィシャルサイト (yamazakipan.co.jp)

 


 

・廃棄食材から天然の染料を抽出

男女問わず人気のブランド「CONVERSE(コンバース)」は、環境に配慮した素材を使用するシリーズ「converse e.c.lab」を販売。アッパー(底を除いた靴の甲の部分)の生地は、従来捨てられていた規格外の食材や野菜の切れ端など、廃棄予定の食材から抽出した染料で染め上げられています。カラーはハーブから抽出したグレー系の「ジュニパー」や紫キャベツの鮮やかな色彩を残した「パープルキャベッジ」などを展開中です。天然染料を90パーセント以上使用しているので、ナチュラルで優しい色合いに仕上がるのが特徴。また、生地はすべて染色堅牢度(色の丈夫さ)の試験をクリアしているので、長く履き続けても色落ちしにくくなっています。廃棄されるはずだった食材を染料に加工し、ファッションとして再活用するという食品廃棄問題の新しい解決法です。

CONVERSE CONVERSE コンバースオフィシャルサイト

 


 

・冷凍冷蔵倉庫で賞味期限切れ付近の食材を子ども食堂に無償提供

弊社でも食品ロス削減に向けて検討しているサービスがあります。お客様との契約によって設定しておいた賞味期限日数を在庫管理システムにて管理し、その日が来るとアラートを鳴らし無償で近くの子ども食堂に提供するサービスです。提供するお客様は販促活動として企業イメージの向上とリアル店舗への誘導を行うことが出来ます。

子ども食堂ネットワーク こども食堂ネットワーク : こども食堂で食べたい人 (kodomoshokudou-network.com)

1・食品ロス(フードロス)とは?

2・食品ロスの現状

3・食品ロスが発生する原因

5・まとめ

 


 

      

5・まとめ

世界的な社会問題となっている食品ロスの問題は、消費者、事業者の双方の協力が必要となります。消費者の過度な見た目のこだわりや鮮度志向によって、食品ロスが起きていることも事実であります。事業者もまた、過度に消費者に対し高品質を提供するが為に食品ロスを起こしているという現状があります。

今一度、食品に対する考え方を見直して、日本だけではなく、世界レベルに視野を広げて考え方、規格を見直す時期に入っているのかと思います。

まずは、ひとりひとりが出来ることから始めて行きましょう。

 

ろすのん(♂)

食品ロス削減国民運動のロゴマーク.

食品ロスをなくす(non)が命名の由来です。話すときに語尾に「のん」がつくのが口グセで、好きな言葉は「残り物には福がある」。

1・食品ロス(フードロス)とは?

2・食品ロスの現状

3・食品ロスが発生する原因

4・食品ロスを削減する取り組み事例

 

 

 

 

 

 

 

倉庫見学に行ってきました!

2021.07.02 08:00|Permalink

前回のinformation

前回のinformationでも公表しましたように、

弊社2021年9月予定で「冷凍冷蔵物流センター」のOPENを控えております。

それに伴い、同業種ではありますが「株式会社五健堂」様が倉庫見学させていただける

とのことで、行って参りました!

 
五健堂様は、京都を中心に食品物流を行われており、元々始まりは運送会社だったのですが、
今では冷凍冷蔵物流センター、さらにはフード&サービス事業まで、様々な安全安心のサービスに
取り組まれている会社です。
 
まず、住所を元に会社付近まで行くと、右を見ても左を見ても「GOKENDO」と書かれた
建物ばかり・・・。まるでGOKENDOTOWNでした!!
 
蓮尾拓也CEOからもお話を沢山聞かせていただきました。
食品物流という分野から、お客様や、協力会社様や、社員さん、沢山の人の幸せの為に
いろんな困難や障害も乗り越えて、ブレない想いを感じました。
 
最近HPもリニューアルされたようです!
 
 
私たちブッケンも、冷蔵冷凍OPENまであとわずか!
成長して、いつか五健堂の皆さんに見学に来ていただけるよう頑張ります!!
 
私たちBUKKENは、今まで行ってきたEC物流のノウハウを積み上げてきました。
今後は冷凍冷蔵商品のECショップ様にもお役に立てるように、弊社和泉センター1階に
冷凍冷蔵倉庫をOPENさせます!
冷凍冷蔵設備(冷蔵、冷凍、常温、3温度帯)をそろえることで、幅広いお客様に
喜んでいただけるよう、進化して参ります!
 
冷凍冷蔵施設についての詳細はコチラ
 
お問い合わせはコチラ

倉庫見学も承っております!

アウトソーシングか、社内物流か、お困りの方は是非お越しください。

 

 

 
 
 

物流 現場 改善  3s5s活動  「整理」②

2021.07.01 00:00|Permalink

物流 現場 改善  3s5s活動 

 

整理

捨てる」事で変化していく「整理」する事で考え方の変化 

 その①

                   

<<目次>>

1、整理をするにあたって

 

2,数字探しゲーム

 

3,「要らないモノリスト

(さらに…)

今さら聴けない。「UGC」ってなんだ?

2021.06.28 06:46|Permalink

UGCってなんだ? UCC? コーヒーのこと? なんでやねん!

いやいや! どうも最近重要性の高まる、マーケティング用語の事らしいよ。ちょっと調べてみたんで、ご紹介しますね。

 

 


【目次】

・ UGCとは

・ UGCの重要性

・ UGCの活用事例

・ まとめ

 


 

          

・ UGCとは

UGCとは User-Generated Contentの略 ユーザー生成コンテンツと言います。企業側から発信されるCMやホームページでの広告ではなく、ユーザー側の発信によって成立するコンテンツを表す言葉です。具体的には、インスタなどのSNSに投稿される、店名やブランドを明記した飲食店のメニューやその日のコーディネートの写真とキャプション、YouTubeに投稿されるレビュー動画、価格.comや食べログに投稿される評価などが挙げられます。ユーザー自身が商品やサービスを気に入って宣伝につながるもののことを指します。
ユーザーによる投稿が、結果として商品・サービスの宣伝機能を担うようなコンテンツを指しているといえるでしょう。

 


 

    

・ UGCの重要性

企業が作成することなく既存ユーザーがどんどん生み出していくコンテンツなので、うまくいけば企業がマーケティングを推し進めなくても既存ユーザーがが楽しみながらプロモーションを行ってくれる可能性があります。ただし、商品やサービスなど、企業が利用してもらいたいユーザーへ情報を届けて購入などの行動を促すためには、さまざまな角度からのプロモーションが必要になってきます。既存ユーザー自身が作成するコンテンツだからこそ、企業側が管理・コントロールするのは難しい点も留意しなければなりませんね。

莫大なお金をかけて広告を打つことも有効ですが、プロモーションにあまりお金をかけられない企業では、いかに低額で有効な施策を打ち出すかが重要なポイントとなります。そこで注目を集めているのが、低額でもプロモーションを行えるマーケティング手法「UGC」なのです。あまりプロモーションにお金をかけられない、中小企業や個人事業者の方々には、活用してみる価値はありだと思います。

◆ユーザー体感価値の創造

「インスタ映え」という言葉はもはや世間に浸透しきった感があります。マーケティングの観点からすれば、具体的な体験イメージがユーザー間で共有されていく、というのは計り知れないメリットがあるのです。実際の生活シーンのなかで、その商品やサービスがどのように用いられ、どのような魅力を持っているかユーザー目線から伝えられていくことにより、情報をキャッチしたユーザーが具体的に購入を検討するまでのハードルが下がるのだと考えます。

◆利害関係の無いユーザー目線の信頼性

企業側から発信される広告とは異なり、UGCは実際にその商品やサービスを使っている人の「生の声」を反映したものとして受け取られます。企業利益が絡んでいないユーザーの声は、リアルでかつ信頼性の高い情報となるのです。
企業側からのアピールの強さや他社との差を見せつけられれば見せつけられるほど、ユーザーは本当に?という疑問が湧いてきます。更には企業側の利益に対してはユーザー側のコストにも繋がるので信頼性とは遠いものになってしまいがちです。利害関係の無いユーザー達からの情報は信頼に値するのではないかと言う考え方です。

◆ターゲット層へ的確にアピール

インスタなどのSNSにおいては、趣味嗜好の近いユーザー同士がつながっているケースが多い。そのようなコミュニティにおいて、誰か一人のユーザーが魅力的な商品・サービスの情報を発信すれば、おのずとその話題へのアテンションも高まります。「インフルエンサー」と呼ばれるようなユーザーに宣伝を担ってもらうよう依頼するビジネスも多いですが、そうでなくても訴求力の高い形でその周辺ユーザーへと情報が届き、好意的な反応を引き出すことが可能になるのです。

◆費用対効果の高さ

莫大な宣伝広告費をかけずとも、多くの潜在顧客に自社商品やサービスを認知してもらえる、というのもUGCのメリットです。ハッシュタグを利用したコンテストやキャンペーンなど、ユーザー側がコミットしやすい場を設けることで、コストをかけずにUGCを充実させ、宣伝効果の促進につなげることができるでしょう。ここは、費用対効果だけではなく、良い良いものを本当に気に入って貰った人にアピールできることが企業の規模に関係なく自由に行えるチャンスにも繋がります。


 

    

・ UGCの活用事例

UGCはとても身近な存在なのです。多くのSNS上で身近商品、サービスが紹介されています。洋服やコスメ、レストラン、観光地の紹介等、幅広い種類のUGCが作成されています。

・UGCの主な種類

・Instagram、Facebook、TwitterといったSNS上の写真やテキスト、イラスト
・YouTubeの動画
・食べログ、Amazonなどのレビュー投稿
・ECサイトに寄せられる顧客の声
・Wikipediaやまとめサイトなどのテキスト
・クックパッドのレシピ
・ボーカロイドの楽曲
・Spotifyのプレイリスト

等です。皆さんも一度はどれかに触れたことがあるかと思います。

◆スターバックス 優勝者はカップデザインに採用 #WhiteCupContest

#WhiteCupContestは、2014年Twitter上で行われた、白いカップに絵を描くUGCマーケティングキャンペーン。優勝すると、期間限定でスターバックスのカップデザインに採用されます。3週間で応募総数約4,000件と大成功。スターバックスのカップデザインに採用されるというご褒美は、ユーザーにとってかなり魅力的です。固定ファンは、その名誉を目指し、高いクオリティーのUGCを投稿します。こういったイラストは、Twitter上で多くの人の心を掴み、拡散されていきました。

 

◆Go Pro 動画自体が性能を宣伝

ユーザーがGoProを使って撮影した動画を、自身のYouTubeチャンネルで公開。この動画自体が、GoProの性能を宣伝しています。動画が人気になればなるほど、自分も撮影したい、超える作品を撮りたいというユーザーが増え、そういったユーザーがGoProを購入、さらにユニークな動画を作るという好循環が生まれます。


 

      

・ まとめ

UGCの魅力は、信頼度が高い事にあると思います。それと共感性です。自分に近しい他人であっても「そうそうそうだよね!」という共感は信頼に繋がりますよね。

信頼されているUGCを上手く活用するためには、収集、活用、効果検証のサイクルを回し、効果を確認しながら進めていくことが重要だと考えます。また、UGCから顧客の思いや悩みに気づくこともあるのではないでしょうか。

UGCを知ると、インスタやTwitterを観る目線も変わってきますね。

 

我々がお客様がUGCマーケティングに専念できる環境を創り出します。

もっともっと商品・サービスの魅力を届けたい。そんな想いに応えます。

お客さのかゆい所に手が届く ECフルフィルメントがココにあります。

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

 

今さら聴けない。「OMO」ってなんだ?

2021.06.26 08:37|Permalink

オーエムオー? OMO=オモローなんてギャグがありましたね!

違う違う! ビジネス用語、マーケティング用語のようですよ?

なにやらIT技術の向上においてリアル店とオンラインとの融合するサービスが世界中で始まっているみたいですよ。それでは少し見て行きましょう!

 


 目次

・ OMOとは

・ O2O やオムニチャネルとの違い

・ OMO事例

・ まとめ


 

    

・ OMOとは

OMOとは、Online Merges  with Offlineの略。オンラインとオフラインの融合を意味します。

OMOは、オンラインとオフラインのように企業目線でチャネルを分けて考えるのではなく、徹底した「顧客体験志向」でオン・オフのチャネルを融合し、よりよい顧客体験を提供していこうという考え方です。IOTの進歩やスマートフォンの普及により、従来オフラインであったあらゆる消費者行動がデジタルデータ化され、個人のIDに紐づけられるようになります。企業はこれらのデータを活用し、ネットとリアルの垣根を越えて、適切なチャネルを適切なタイミングをユーザーに選んでもらうことで、よりよい※UX(ユーザーエクスペリエンス)を生むことができるのです。

※UX  ユーザーエクスペリエンス 製品やサービスの利用を通して得られるユーザー体験のこと

中国のIT技術は他国と比較しても目を見張るほど進んでおります。中国の都市部の決済はスマートフォンで行われる方がほとんどです。これはスマートフォン端末の利用者が増え、ネット以外での購入できる場所(オフライン)との連携が進んでいるということがわかります。屋台の支払いでさえも、スマホで決済されるというのですから驚きです。中国ではオフラインの生活にデジタルが浸透しているため、オンラインとオフラインが一体となったOMO施策が世界でもっとも盛んに行われているのです。

今や顧客はオフラインとオンラインを縦横無尽に行き来する時代。になっていくのであります。

 


 

      

・ O2O やオムニチャネルとの違い

O2Oやオムニチャネルと何が違うの?という声が聴かれますが、全く違うものと考えて良いでしょう。ではそれぞれの特徴から違いを見て行きましょう。

◆O2Oとは

O2Oとは、Online to Offline オンライントウオフラインの略。インターネット(オンライン)の情報によって、実店舗(オフライン)での購買行動へ導くマーケティング戦略を指します。ECサイトのユーザーに実店舗で使用できる割引クーポンを発行して店舗販売へつなげる施策や、スマホで実店舗の位置やセールのお知らせをプッシュ配信して、店舗に誘導することなどが挙げられます。意図的に実店舗に誘導する仕組みの事を指します。

◆オムニチャネルとは

オムニチャネルとは、店舗やWEBサイト、カタログやコールセンターなど、あらゆる販売・流通チャネルをシームレスに統合して、顧客とさまざまな場所で接点を持とうとする考え方や戦略です。会員情報や在庫情報などを一元管理することにより、顧客は購買チャネルを意識することなく、どのようなチャネルからでも商品を購入し受け取ることができるメリットがあります。無意識にさまざまなチャネルから同じ商品・サービスを受けて貰う仕組みの事を指します。

 

OMOはオンラインやオフラインの垣根にこだわらずに、人がモノやサービスに触れて得られる体験や経験を主軸に考えるマーケティングの一つになります。お客様が行う購入に関する行動をデータとして蓄積し、どのような体験をさせるのかが重要になってきます。

O2O、オムニチャネルはともに、オンラインとオフラインを分けて考えた上で、顧客の購買行動を促すためにチャネルを連携させる企業目線の施策です。一方、OMOはデジタルデータを起点にして、オンラインとオフラインを融合する施策。購買行動だけではなく、顧客のあらゆる体験UXを中心に行う点が、OMOの特徴であり、O2Oやオムニチャネルとの大きな違いです。

OMOはO2Oやオムニチャネルをさらに発展させ、効率の良いユーザー体験をお客様に与えるための新たなビジネスモデルの考え方です。


 

     

・ OMO事例

◆株式会社ビームス(BEAMS)

在庫管理や顧客管理の統合によるCRMを推進していくことが目的でOMO・オムニチャネル・店舗連携。「オフィシャルサイトとオンラインショップの統合」「店舗とオンラインショップの顧客データ一元化」「基幹システムとの商品・売上連携」「WMSとの在庫・出荷連携」「CMSとの投稿データ連携」「検索エンジン連携」があげられる。

 

◆フーマーフレッシュ 盒馬鮮生 スーパーマーケット 

アリババが出資する盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)は、世界でもっともOMOを推進している店舗のひとつ。オフラインの店舗とオンラインを融合したサービスにより良質な顧客体験を提供しています。

盒馬鮮生が提供する主なサービスと、顧客が得られるメリットは次のとおりです。

・オフライン店舗での快適な購買体験

顧客が楽しめる店舗作りを行っている。店内は、スーパーマーケットに比べて清潔で、品揃えも豊富。さまざまな鮮魚を販売する生け簀もあります。また、食材をその場で調理して提供してくれるイートインスペースもあり、ただ単に食材を購入する場所ではなく、このスーパーに行けば楽しく良質な購買体験を得られると顧客に感じさせるオフライン店舗としての魅力を備えています。

・スムーズなモバイルペイメントが可能

盒馬鮮生では、モバイル端末のアプリを使って、商品のバーコードを無人レジにかざすことで支払いを行います。キャッシュレスで買い物ができるほか、購入履歴にひもづいたおすすめ商品情報を得られるなどの利点もあります。

・アプリによる付加価値を提供

盒馬鮮生アプリでは、ひとつひとつの商品の産地から店舗に届くまでの全履歴が確認できたり、動画でレシピを提供したり、その料理を作るために必要な他の素材や調味料もまとめて購入できるなど、顧客の新たな発想や行動を促します。顧客としてはアプリを利用することで付加的な「楽しさ」や「体験」を得られるため、満足度がさらに向上します。

・30分以内に自宅で商品を受け取り可能

店舗から3キロ以内であれば、アプリで注文した商品を30分以内に配達してくれるサービスもあります。店舗で見て気に入った商品を、その場でアプリから注文して自宅へ帰れば、商品がすぐに届くのです。オフライン店舗にいながらにしてオンラインのサービスを利用することで、より快適な買い物「体験」ができるのです。

 

・中国でのOMO

近年中国ではスマートフォン端末を特に都心にかけて使用している人が増えています。それによりモバイルペイメントも広まり、現金を持ち歩かずに買い物や食事を行う中国人が増えています。これは単純に決済が便利であると同時に、スマートフォンでの決済利用者の買い物、食事、観光などのオフラインの行動が、データ化され各一人ひとりにIDで紐づけされているということでもあります。

中国都市部で買い物を行う場合、欲しい商品を見て回り目当ての商品を見つけた時にその商品に設置されているQRコードをスマートフォン端末で読み込むと、その場で商品の詳細やレビューを閲覧することができます。この瞬間オンライン側では「商品を実際に手に取り見ていること」「いつQRコードから読み取ったのか」「商品詳細を見たこと」「レビューを確認したこと」などがデータ化され個別のIDに紐づけられます。
他にもスマートフォン端末を通してセールの情報を確認したり、店舗に訪れモバイルペイメントで決済を行ったり、その時にクーポンを使用したか、日頃からよく使うスーパーやコンビニであれば何曜日の何時ごろに来店しているかなど、お客様の行動すべてをオンライン上にデータ化されます。
このようにオンライン上で売り上げを伸ばした店舗が、消費者に実物を見てもらう、または体験してもらうために実店舗を出店するケースも増えてきています

 


      

・ まとめ

オンラインとオフラインが融合したOMOによるマーケティングは、顧客のデータを活用することで、UX(ユーザーエクスペリエンス)を向上させます。快適な行動体験をした顧客は、モバイルペイメントやアプリ、デジタルツールをさらに頻繁に利用。それにより多くの顧客データが収集され、より質の高い顧客体験の提供が可能になるのです。これは企業にとっても、商品やサービスだけでなく、顧客満足度や企業のロイヤルティを高めることにつながります。OMOは、このように消費者の生活に密着し、効果的にマーケティング活動を推し進めていく考え方として、今後さらに注目されていくでしょう。

商品やサービスからの体験をデータ化し更なる顧客体験満足を創って行くという仕組みですね。中国がここまで進んでいるのにはあらためて驚きですね。日本には古き良き伝統と言えば聴こえは良いですが、固定観念という縛りがDXを進められない原因のひとつとも考えられますね。

 

顧客体験価値をさらにスムーズにつなげる為にもロジスティクス品質の向上も挙げられます。

オムニチャネル、OMOマーケティングに最適なECフルフィルメントがココにあります。

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

 

 

今さら聴けない。「D2C」ってなんだ?

2021.06.25 08:49|Permalink

D2Cってなんだ? 最近よく聞くよね? Dってなんだ? 2?  to ? Cはあれだね!

誰か教えて… 今さら聴けない疑問に答えていきます。

最近注目のトレンドワードとなっている「D2C」は、消費形態が多様化する中で、登場した販売モデルです。コト付きのモノ消費とも呼ばれ、世界観を構築するブランドが多く取り入れている手法でもあります。

製造者(メーカー)がECモールなどの販売業者を介さずに自社のECサイトから直接消費者に販売するビジネスモデル。


【目次】

・ D2Cとは

・ D2Cの特徴

・ D2C 事例

・ まとめ


 

 

         

・ D2Cとは


Direct to Consumer ダイレクトtoコンシューマーの略で、自ら企画、生産した商品を広告代理店や小売店を挟まず、消費者とダイレクトに取引する販売方法を指します。ソーシャルメディア(SNS)やECサイト、直営店舗で消費者とコミュニケーションをとり、生産した商品を販売します。アパレルブランドや美容化粧品ブランドの多くが採用している形態で、ここ数年でよく取り上げられるようになりました。

メーカーが製造した商品またはサービス ➡ メーカーが運営するECサイトを通じて ➡ ユーザーに直接販売すること

メーカーやブランドが製造する商品も、かつてはスーパーマーケットや家電量販店のような店舗(仲介業者)で販売されるのが一般的でした。しかし令和の現代においては、パソコンやスマートフォンのような通信機器の普及に伴い、企業とユーザーが直接的に取引できる環境が整いつつあります。

「商品を仲介業者に卸すのに手間や費用をかけたくない」「ユーザーの直接的な評価が知りたい」などの理由から、このD2Cのビジネスモデルを採用する企業も増加しつつあるのです。

「バドワイザー」「Nestlé(ネスレ)」など、事業でD2Cビジネスを取り入れて成功した企業は数多く存在します。大企業だけではなく、中小の製造メーカー等も参入してきています。

D2Cは、B2BやB2Cのように古くから存在する取引形態とはまったく異なるビジネスモデルと言えるでしょう。自社でECサイトの運営開発ができれば、すぐにビジネスモデルとしてD2Cの導入が可能です。近年では shopifyやBASEなどの低価格で自社サイトが運営・開発できるサービスも出てきておりD2C市場は今後益々発展していくのではないでしょうか。

 

        

・ D2Cの特徴


D2Cと従来のBtoCビジネスとどこかどう違うのか。
両者は全く違うと言えるでしょう。D2Cの特徴から観て行きましょう。

◆直接販売と直接コミュニケーション

D2Cは消費者とダイレクトに接点を持ちます。従来のBtoCなどの一般的な販売形態においては、小売店経由やECモールなどを介して商品を販売しています。そのため、ブランドはどのような人がどれほどの頻度で商品を購入しているのか把握しづらい状況でした。D2Cの場合は自社で販売チャネルを持つことから、上記のような顧客情報を蓄積でき、顧客に合わせたサービスを提供できます。TwitterやInstagramなどのSNSを通して消費者とインタラクティブにやり取りを行います。広告代理店を挟まずコミュニケーションを行うため、顧客ロイヤリティが高まり、ブランドのファン創りに貢献するビジネスモデルであるという特徴があります。

◆LTV(顧客生涯価値)

Life-Time-Value 顧客生涯価値    顧客が、ある企業との関係を持っている間に使った(またはこれから使うと考えられる)金額の合計を意味する。サブスクリプションモデルにとって、利益創出のための最も重要な指標のひとつ。 D2Cにおいても重要視される指標です。

販売・購入を機に関係が切れるのではなく、関係を生み出し、深めていくことでLTVを積み上げていくのがD2Cの特徴だといってよいでしょう。後述しますが、そのためにはデータに基づく顧客に最適化されたコンテンツ(コミュニケーション)を定期的に発信する必要があります。

◆低価格化

D2Cは比較的安価で商品を提供できます。通常の流通では、中間業者が介在するため、コストがかさみ、中間マージンが掛かった価格で提供されていましたが、D2Cでは直接顧客に商品を提供するため中間コストがかからず、高品質の商品を既存価格よりも低い値段で提供できます。

◆ライフスタイルを売る モノからコトへ

これまでの販売形態では商品そのものの”機能”を価値として提供していました。一方で、D2Cブランドは商品の機能に加え、商品の世界観や歴史、それに合わせたライフスタイルを提供しているという特徴があります。

◆コミニティを創る 

D2Cブランドは売り手と買い手を区別することなく。顧客をブランドをともに育て上げる仲間(コミュニティ)とします。
顧客からのフィードバックをもとに商品を改良し、より良い商品開発を行います。また、商品情報などを積極的に拡散したり、口コミなどのUGC※1を生み出すなどして、顧客は商品のエバンジェリスト※2の役割を担います。

※ UGC  User Generated Contentの略 ユーザー生成コンテンツと呼ばれています。企業によって作られたコンテンツではなく、ユーザーによって作られたコンテンツを指します。具体的には、個人のSNSの投稿、写真、ブログなどがそれにあたる消費者発信のコンテンツのことを指す

※ エバンジェリスト キリスト教の伝道師が語源 自分自身が経験したトレンドを大衆向けにわかりやすく説明し、啓蒙する職種やその役割を担う人

◆コンテンツマーケティング

D2C企業の多くが高品質で充足したコンテンツ定期的に発信しています。これは有益な情報を提供することで見込み顧客とのコミュニケーションを図り、購入・成約を促し、最終的にファン化してもらうコンテンツマーケティングの概念と近いしいものがあります。

D2Cにおけるコンテンツは、オウンドメディアやメルマガがオーソドックスであり、最近はYou tubeなどもコンテンツとして発信されています。

これらのコンテンツは、顧客とのコミュニケーション手段の一つであり、ブランド化されたイメージ(世界観)を植え付けるポジショニングの役割も担っています。

 

      

・ D2C 事例


自社で製造から販売までを担うことで、仲介コストを大幅に削減することが可能。またECを販売形態の軸に置くため、設備投資費を少なく抑えることができ、スタートアップ企業又は事業転換する企業が多い。

更には、SNSやオウンドメディアを活用したマーケティングを行うことで、広告宣伝費を抑えることができます。ブランドのファン化が進めば、SNSを通じて自然発生的にサービスやブランドを拡大することが可能。従来までの大規模な宣伝活動を必要とせず、世界観への共感が生まれれば瞬く間に人気ブランドへと成長を遂げることができます。こうしたスピード感ある事業運営を可能にするデジタル技術が一般化した点も、見逃せないポイントです。

事例1

Glossier(グロッシアー)

Glossier

 

ミレニアル世代、Instagram世代に絶大な人気を誇るコスメブランド。

CEOであるエミリー・ワイスさんが展開していた人気ブログがきっかけとなり、オリジナルブランドが立ち上げられました。徹底した顧客とのコミュニケーションに力を入れており、顧客体験の重視でD2Cモデルを成功させたお手本となっています。


事例2

Casper(キャスパー)

>Casper

 

寝具ブランドのキャスパーも、世界的なD2Cモデルの成功ブランドです。

キャスパーは、デジタル戦略に力を入れ、睡眠トラッカーアプリや睡眠をサポートするチャットボットなどを開発。

睡眠全般に関する情報で顧客とつながることを重視しています。

この他にも、選びやすいミニマムな商品展開、インフルエンサーを活用したおしゃれなイメージの訴求、100日間返品無料など、さまざまなテクニックを駆使した販売戦略で、短期間で大きな成果を挙げました。


事例3

ALL YOURS (オールユアーズ)

>ALL YOURS

 

「インターネット時代のワークウェア」をコンセプトにしたアパレルブランド。

「着たくないのに、毎日着てしまう」セットアップなど、ちゃんと見えて着心地がいい洋服を販売しています。

男女兼用のデザインも、多様性に適応する現代の価値観にマッチしています。


 

       

・ まとめ

D2Cのビジネスモデルを活用したブランドは海外・国内とも急増している、人気のブランドは実店舗展開や資金調達、事業売却などを行って大きく成長するケースも出てきています。

どのブランドにも共通するのは、インターネットを介した消費者とのコミュニケーションにより、潜在的なニーズを発掘した商品を提供していること、またそれらのデータを活用し、商品開発やプロモーション戦略に生かしたデータドリブンな経営を行っていることです。

消費者ニーズの多様化に合わせて成長していくであろうD2Cブランドに、今後も目が離せません。

 

これからD2Cビジネスをスタートしたい! コンテンツマーケティングに集中したい!

と言った D2Cビジネスを伸ばしたい!お客様の強いミカタがココにある

D2CビジネスのECフルフィルメントをお探しの方はコチラ

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

 

 

 

話題のshopify(ショピファイ)って?

2021.06.24 09:46|Permalink

日本でもshopifyを利用する企業が増えています。

聴いたことはある… 興味がある… どんなサービス? 

しょぴふぁいって読むんだ… 今さら聴けない… 

ECサイト構築のトレンドでもあるshopifyについて解説をしています。

 


 

【目次】

1・ shopify とは

2・ shopify のデメリット

3・ shopify の特徴

4・ shopify の費用

5・ まとめ

 


     

1・ shopify とは

shopify とは、2004年にカナダで生まれたECサイトの開発を手掛けるECプラットフォーム。現在175ヵ国170万店以上で導入されていて、世界№.1のシェアを誇っている。2017年に日本でのサービスを開始し、日本語対応サポートをおこない、小規模から大規模までの幅広いECサイトに支持されている。デザイン性の高さとカスタマイズの容易さが人気の理由となっている。

・低コストでECサイトの運営が開始できる。

・複雑なカスタマイズも拡張アプリを使用して容易にできる。

・SNSに連携対応しておりマーケティングが行いやすい。

・越境ECに強い 

ショピファイ

     

2・ shopify のデメリット

・英語力が必要になる場合がある

日本語で利用できる部分が増えたと言え一部の画面では英文のみの解説がある。連携アプリにおいても海外での開発が多いため英語での表記がある。

・HTML/CSSなどの知識が必要な場面がある

より充実したサイトを構築する場合には、HTML/CSSの知識が必要になる。逆にその知識があれば、より独自性の高いサイトが構築できるとでも言える。

・サポート体制が万全とは言えない

日本語による電話サポートに対応していない。ヘルプセンターやサポートセンターが充実しつつありますが、返事がかなり遅い。 日本語によるメール問い合わせは24時間365日対応となっている。今後はサポート体制は強化されていくと予測される。

     

3・ shopify の特徴

・集客に強い

SNS連携やSEO対策に対応しており集客に強いです。インスタグラムと連携し商品を直接販売するで、売上に直結させることが出来ます。外部SNSからの流入に力を入れている。

Shopifyには、「ブログ機能」が標準で備わっており、ブログ感覚で簡単に自社コンテンツを作成することができる。コンテンツマーケティングで積極的に情報を発信して、自社ブランドのファンを獲得する為の機能がついています。

 

・優れたデザイン性

100種類以上のテンプレートからデザインを選ぶことが出来ます。どれも質の高いデザインとなっている。

機能一覧 → Shopify Specifications List

Shopifyの事例紹介

 

    

4・ shopify の費用

気になるのはやはりコストですね シンプルな料金体系でしかも低価格!SNS連携などの拡張性の高さからみてもコストパフォーマンスはかなり高いと感じる。

人気が出るのも納得のプランです。

・ベーシック

・スタンダード

・プレミアム    

詳しくは下記リンクから

 

    

5・ まとめ

時代のニーズに合ったECサイトがオープンできる。これからも更に注目されるサービスだと考える。D2C、OMO、などと言ったトレンドのECサービスにもマッチしている。

※ D2C  「Direct to Consumer」の略 製造者が消費者に対して直接販売する仕組み

※ OMO 「Online Merges with Offline」の略 顧客体験の最大化を目指しオンラインとオフラインの垣根を超えて購買意欲を創り出そうとするマーケティングの考え方

アマゾンキラーと言わているshopifyだが、楽天との販売チャネル連携を開始、LINEとの連携などさまざまな企業との連携を進めている。今後もshopifyから目が離せない状況は続きそうだ。

Shopifyと「楽天市場」の販売チャネル連携がスタート! — お知らせ【2021年版】

 

EC物流のアウトソーシングをお考えの方はコチラから

これからEC事業をスタートしたい。本業に集中したい。というECショップ様

の問題解決はここにあります ↓

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

 

ONE TEAM bukken times Vol.11

2021.06.20 16:55|Permalink

bukken times logo

物研 広報誌 ONE TEAM Vol.11

・スタッフインタビュー 

2019年入社、商品管理課の大津俊夫君 

仕事観と今後の目標について熱く語る!

・今月のピカイチさん

責任感強く、いつも周りへの気配りを欠かさない、ピカイチさんに迫る☆

・ありがとうを伝えよう

普段はなかなか伝えられていない「ありがとう」を伝えよう!

 

詳しい内容はコチラから → ONE TEAM bukken times_vol11_

 

 

 

ページのトップヘ