低価格・ハイクォリティの通販物流専門サービス

ブログ

LogiDesignBlog ロジブロ
2013.02.27 12:07

最近、O2Oという言葉をよく耳にする。オンラインtoオフラインというサービスで

ネット上(オンライン)からネット外(オフライン)の実店舗などに行動を促す施策のことである。

例えばスマートフォンに実店舗からのクーポンを提供して実店舗へ足を運んでもらうようなサービスである。

O2Oの特徴としてマーケティングにおいて効果測定がし易いことが挙げられる。

ある例として、NTTグループ、阪急阪神、博報堂がタックを組み提供しているサービスが関西にある。

モバイル会員向けサービスSMARTSTACIA(スマートステイシア)がそれである。

それは「阪急西宮ガーデンズ」という巨大施設で展開されている。

アプリをDLして施設内のさまざまなサービスが受けられる。 お目当てのお店までのルート案内、近くにいるお店の

クーポン提供、レストランの予約(並ぶ必要が無い、順番がきたら連絡が入る)、駐車場の停車位置案内 等

その施設に関する様々な便利がスマートフォンに落ちてくるサービスなのだ。

ネット市場が10兆円といわれる中、リアル店(実店舗)規模は200兆円とはるかに大きい。

O2Oサービスの可能性は未知数である。

オンラインショップとリアル店の競争ではなく、共存という観点で消費者に提供するサービスを創りだすことが

大切なことになる。 まだまだ国内に埋もれている潜在的なニーズを掘り起こす起爆剤になって行けばいいのだが。

アベノミクスの成長戦略にも取り入れて頂きたい・・・・。  

 

 

 

 

関連記事