通販物流専門 低価格・発送代行のロジデザイン

ロジデザインブログ

EC市場でのSDGsとは??事例紹介あり!

2021.08.19 08:00

近年、SDGsという言葉をよく見聞きするようになってきました。

SDGsってなんだ??という方や、知っているけど何をしたら良いか

わからないという方まで、ご意見は様々かと思います。

今回はネットショップが出来るSDGsについて、ご紹介します!

 

目次

1.SDGsってなんだ??

2.今すぐできる!取り組み事例!

3.bukkenのSDGs『green:Tagプロジェクト』

 

 

 

 

1.SDGsってなんだ??

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、日本語でいうと、「持続可能な開発目標」を表わします。

2030年までに、国連加盟193カ国で17の目標を達成しようと国連サミットで採択されたものです。

日本では、200万以下の年収で生活する人が1000万人を超え、6人に一人が「相対的該当する該当するようです。

この経済的苦境は、自殺者増加の原因であると専門家は警鐘を鳴らしている。

経済的に困難を向けある多くは女性で、小売りや飲食などコロナの影響を大きく受けている業界で、

非正規雇用で働いているのです。

7から12までは、エネルギーに関する事や、経済に関する事が出てきます。

日本はエネルギー自給率が低く、国内でも生産されていますが、国内消費の1%以下だそうです。

太陽光や風力などの再生可能エネルギーが今、注目されています。

13以降は、気候変動屋自然保持に関するものが多いです。「地球は非常事態にある」と

国連事務総長が気候リーダーズ・サミットで各国指導者に演説しています。

地球温暖化・水面上昇・大規模な山火事、「母なる地球は待ってはくれない」と警告しました。

 

2.今すぐできる!取り組み事例!

紙梱包材を使用する

プラスチックゴミによる環境汚染の問題は、かなり前から言われ続けています。

最近では、過剰包装やプラスチック包装に、消費者側もECO意識が高まりつつある為、

プラスチック梱包から紙材に変更するSHOP様も増えてきています。

緩衝材も、プラスチック材より紙緩衝材のほうが価格も安いです。

期限切れ前の食材を、子供食堂に!

食品EC取り扱いのお客様が、販売するには賞味期限まで短くなってしまった食材、商品を

地域の子ども食堂に寄付する活動をしています。

通常であれば、期限が切れたら廃棄するという流れを、おいしく食べてもらう方向性に切り替えたのです。

その様子などをSNSで大いに発信し、SDGsや子ども食堂の存在を広めるだけで無く、

自社のブランド価値も動じに高められます。

 

3.bukkenのSDGs『green:Tagプロジェクト』

株式会社物研では、SDGsに取り組み『green:Tagプロジェクト』を立ち上げています。

私たちの役割は、様々な会社さまや、ブランドさまが、一生懸命に企画された「商品」を、

お客様のもとへ届けることです。

しかし、時として「出会い」に恵まれずに、そのまま私達の倉庫に長い期間置かれたままの

「商品」もあります。

そんな商品に待っている最後は・・・「廃棄」です。

そんな「廃棄」を待つ商品に、もう一度最後の出会いを創りたい!!

そんな思いから『green:Tagプロジェクト』は生まれました。

 

『green:Tagプロジェクト』はこちらをクリック!

 

  

 

『green:Tagプロジェクト』販売サイトには、流行が終わってしまったり、サイズが偏っていたりして、

サイトやお店で販売できなくなった商品を、特別価格で販売しています!

ほとんどの商品が、定価の60-70%OFFで販売しています。今はまだ商品が少ないのですが、

『green:Tagプロジェクト』に商品を預ければ、必然とSDGsに貢献している事になるので、

私たちはお客様に「社会貢献のアウトソーシング」だとお伝えしています。

 

よろしければ是非、サイトにお立ち寄りください☆

『green:Tagプロジェクト』はこちらをクリック!

 

冷凍冷蔵(3温度帯管理)+ ECフルフィルメントサービス

 

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

 

 

 

 

 

ページのトップヘ