冷凍冷蔵倉庫・定温倉庫完備。低価格・ハイクォリティの通販物流専門サービス
ブログ
LogiDesignBlog ロジブロ

【流通加工】EC物流の現場を学ぼうVol.07

2022.03.31 08:40

EC物流の現場を学ぼうVol.07【流通加工】


【目次】

1・流通加工

2・検品業務

3・その他 流通加工

4・まとめ

資料ダウンロード


1・流通加工

流通加工 :Distribution processing

お客様の意向に応じ、商品をすぐに陳列・販売できるよう、保管中の商品をあらゆるかたちに加工することを流通加工という。アソート組、ラベル貼り、値札貼り、ラッピングなどを行います。

商品に加工を行うことで商品の価値を高めて、消費者の購買意欲を向上させていくプロセスことを言います。

主に、物流倉庫内で行い、自動化することが難しく、人の手を要する場合が多い。

流通加工は手間とコストが掛かります。こだわりをかたちにすることとコストを考慮することが大切です。

お客様のかゆい所に手が届く。臨機応変に対応します。あらゆる流通加工に対応いたします。

お気軽にお問い合わせください。↓

目次へ戻る


2・検品業務

物流倉庫には直接、国内外の向上などから入荷されてきます。通販運営会社にはメーカーからのサンプルなどは手元にあるが、実際にお客様へ送る商品は物流倉庫にしかない場合があります。実際入荷した商品の検品をして良品、不良品を区分けすることで、商品の品質、企業の信頼が保たれます。壊れていないか、傷や汚れがないか、ホツレや色ムラがないか、異臭がしないか、動作に問題がないか、表記内容が合っているかなど、細かいチェックが必要です。検品して異常があった場合は、補修作業が入ります。

検品の内容については、お客様からの仕様書に基づいて、スタッフが行っていきます。異常の区別がつきにくい場合は、画像や動画でお客様と共有して判断を仰いで作業を進めていきます。

異常を迅速に報告する。正確性とスピードが求められます。

かゆいところに手が届く。お客様に寄り添ったEC物流のアウトソーシングはコチラ。是非、お気軽にお問い合わせください。

目次へ戻る


3・その他 流通加工

● 値付け、JANシール貼り、等 作業

商品に値札をつけたり、JANシールをつけたり、品質表示、成分表示、消費期限シールなど、その他あらゆる表示を貼り付ける作業です。

店舗に応じた専用の値札を発行、添付する作業、値札タグやシールをタグピンやループピンなどで決められた箇所に貼り付けます。JANシールはEC物流倉庫内で商品を管理する為のJANとなります。メーカー側で貼付、印字されている場合が多いがJANシールが貼られてない場合に倉庫側で貼る作業が発生します。JANはカートシステムと連携する必要があります。入荷から発送までJANコードで管理することで商品管理がスムーズになります。

品質表示、成分表示とは法律で決められた品目に決められた項目を表示をしなくてはなりません。原産地、原材料、内容量、保存方法、製造者、販売者、栄養成分などの表示が義務付けられています。

医薬品、化粧品等は資格のない倉庫での保管・加工等の作業は禁じられています。

● ラッピング

包装作業の一種で、贈り物などの印象を良くするために様々な包装資材を使って行う作業です。母の日や、父の日、バレンタインデー、ホワイトデーなどのイベント時に行われる場合が多い、易ラッピングからこだわりのラッピングまでラッピングの種類はさまざまです。

簡易ラッピング

袋状のラッピング資材に入れて、リボンをするだけの作業が簡易なラッピングです。通販での贈り物に良く使用されています。

キャラメル包装

合わせ包みとも呼ばれていて、ラッピングの基本となる包み方です。少なめの紙で包めて応用が利きやすい包み方です。

斜め包装

箱に対して包装紙を斜めに置き、箱を回転させながら包むのが斜め包みです。キャラメル包みよりも丈夫で破れづらく、デパートや百貨店などのギフト包装で広く使われています。フォーマルな贈り物にも適した包み方です。

当社では、ラッピングコーディネーターの資格を持ったスタッフが活躍しております。

● ささげ業務

ECサイトを運営するうえで「ささげ業務」というものがあります。ささげ業務のとは「撮影」のさ、「採寸」のさ、「原稿」のげ、それぞれの頭文字がをとってささげと言われております。通販を運営するうえで、商品を如何に良く見せるかが購買意欲を沸き立たせるカギになります。

EC物流の現場にてささげ業務を請け負う物流会社もあります。この業務を物流倉庫で行うことで、コスト負担減やリードタイム短縮などのメリットがあります。

デメリットとして、専門部隊が常駐していない場合が多く品質は落ちる場合があります。商品知識が乏しくお客様のこだわりが伝わりにくい場合もあります。

● 流通加工は様々な作業内容があります。大切なのは、商品の価値を上げる為にひと手間を加える作業だということを理解することです。お客様の求めるものを正しく理解することが重要になります。流通加工作業には、手間(時間)とコストが掛かるので、適材適所での流通加工が理想的です。

目次へ戻る


4・まとめ

EC物流と流通加工のポイント

・商品の価値を高める

・お客様の意図に応じる

・臨機応変に対応する

・お客様との関係性を高める

・手間とコストがかかる

・最良のパートナー選び

 

 

 

 

 

EC物流において流通加工は重要な役割を持ちます。商品の価値を高める作業です。急な対応に応える為にも、常にお客様との関係性を良好にしておく必要があります。注意すべき点は、EC物流センターがどのような流通加工が得意なのか?資格があるのか?アウトソーシング先の情報を把握しておくことです。手間とコストが掛かるので、そのあたりは調査しておくことが必要となります。より良いパートナーシップを築けるEC物流選びがポイントになります。

冷凍倉庫

百聞は一見に如かず 見て、触れて、感じる 通販物流倉庫見学は随時開催しております。

お気軽にお問い合わせください。↓

資料ダウンロードはこちらから↓

 

【公式】YouTubeチャンネル「あなたの物流パートナー」通販物流BUKKENチャンネル

ぼちぼち更新中!!

ページTOPへ

関連記事